名鉄豊田線②線路跡にできた緑陰歩道

発見館では、現在、7月13日から始まるミニ企画展「開業40周年 名鉄豊田線」の準備を行っております。
今日は、「線路跡にできた緑陰歩道」について紹介します。

皆さんは名鉄三河線(豊田線)の高架に沿って続く緑陰歩道をご存知ですか。
豊田市駅付近を歩くとき、高架が日差しを遮ってくれるので、歩くのに気持ちの良い歩道です。

若宮八幡社と緑陰歩道(今朝)
画像


緑陰歩道(若宮八幡社付近から南を撮影)
画像


名鉄豊田線の展示準備を始めるまで知らなかったのですが、この緑陰歩道は、現在、高架の線路が、かつて地上にあった頃の線路跡に作られています。

高架化工事中の写真 昭和61年頃 前田忠司さん提供
画像


高架化工事中の写真と1枚目の写真を比べると、よく分かりますね

そんなことは知っている!とおっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、
建設から30年以上経過して、緑陰歩道・高架線が当たり前の風景になってくると、
改めて、この建設中の写真が歴史を語る重要な写真だと感じます。

by きょん

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック