ガラ紡機の点検

発見館の第1展示室に電動のガラ紡機があります。

これは市内の松平地区で実際に使われていたもので、
発見館が開館する時に譲り受けた貴重なものです。
画像


今日は、そのガラ紡機の点検をします。

糸が切れることがあるので、つなぎます。
画像


機械を動かして、切れた糸の先を筒(「つぼ」と言います。)の中の綿(「よりこ」と言います。)に付けると糸がつながるんですよ
画像


「よりこ」が無くなったものは、
画像


「込め竹」を使って、「つぼ」の中に入れます。
画像


あとは、回転部分に油を注して、本日の点検は完了で~す
画像


ガラ紡機は常設で展示しております。
貴重な産業遺産ですので、
是非近くで、ご覧になってくださいね

しゅん

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック