テーマ:企画展

展示は電卓必須!

12月1日から企画展「あの頃のカメラ あの頃の風景」がスタートしています。 今回も、企画展の展示パネルがたくさんあります。 展示のパネルはひとつずつ切って貼って…この作業のことは、以前の発見館ブログでも紹介しています👉「ごあいさつ文」 このパネルを展示するのに…電卓が必須です 展示用のボードに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本物のどうたくん!

今日から、発見館の第2展示室で郷土資料館の企画展「豊田市の歴史」がスタートしました! RWC(ラグビーワールドカップ)に合わせ、パンフレットも英語バージョンです この展示の中で私が一番会いたかった(見たかった)のは… 郷土資料館のキャラクターになっている「どうたくん」の本物の「銅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展入場券0001番!

今日から、発見館ミニ企画展「開業40周年 名鉄豊田線」が始まりました →昨日のきょんさんの発見館日誌「名鉄豊田線③企画展スタート!」 でも紹介されています この企画展に来られた方に差し上げる「入場券」を作りました!  ↓  ↓  ↓ 今日、一番に来館された方に…{%クラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名鉄豊田線②ポスター・チラシの完成

ミニ企画展「開業40周年 名鉄豊田線」準備中の発見館ですが、ポスター・チラシが完成しましたので、ご報告します チラシ表面 写真提供:新實守さん 浄水駅付近で撮影された写真です 掘割の中を走る赤い名鉄電車が、豊田線らしく スタッフ一同でこの写真を選びました{%キラキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆ いろいろ

4月19日の掃き立て(孵化)から始まった カイコの飼育 こんなに立派なまゆを作ってくれました 春嶺鍾月181個 春先から飼うことのできる品種です 5月15日掃き立ての 春嶺鍾月162個 同じく5月15日掃き立ての 小石丸88個 皇居で飼育されていることで 有名ですね 繊細な美しい糸です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石丸

5月15日生まれのカイコ 小石丸が羽化しました。 今朝出勤したら もうラブラブです。 小石丸は 真ん中がくびれたきれいなひょうたん型の繭です 繊細な糸が引けます。 この糸は 正倉院御物の修復に使われることで 有名です。 春一番で来た4月19日生まれの 春嶺鍾月はすべてまゆで保管さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名鉄豊田線②線路跡にできた緑陰歩道

発見館では、現在、7月13日から始まるミニ企画展「開業40周年 名鉄豊田線」の準備を行っております。 今日は、「線路跡にできた緑陰歩道」について紹介します。 皆さんは名鉄三河線(豊田線)の高架に沿って続く緑陰歩道をご存知ですか。 豊田市駅付近を歩くとき、高架が日差しを遮ってくれるので、歩くのに気持ちの良い歩道です。 若宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひまわりネットワーク「じもサタ」出演!

今日はひまわりネットワークの番組 「じもサタ」の 生中継が発見館で行われました。 テーマは「お出かけ先で楽しく学ぼう」 ということで まゆまつり2019の紹介です。 まずはスタッフさんと打ち合わせ 台本もあって 綿密なリハーサル カイコをみていただきます レポーターの川村さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名鉄豊田線①開業に伴うバスの路線変更

発見館では、7月からのミニ企画展に活かそうと、「広報とよた」で名鉄豊田線の情報を募集しました(5月31日まで)。おかげさまで、たくさんの情報が寄せられました 今日はそのうちの1つを紹介します。 「保見団地が出来た頃は、豊田新線(現豊田線)ができるまで名古屋方面へ出るのが不便で、団地から名古屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャラリートーク カイコのえさやりと糸引き

今日は「ギャラリートーク カイコのえさやりと糸引き」を 行ないました。 まず カイコにえさの桑の葉をあたえます。 ”そっとおいてね” ”カイコは桑の葉しか食べないんだよ” 桑の葉をカイコにやりながら カイコの一生について学びます そして第一展示室へ 豊田市駅がまだ挙母駅だった頃 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆまつり2019⑪見学会「養蚕農家を訪ねて」

6月1日の日曜日、企画展見学会「養蚕農家を訪ねて」を開催しました この日は、豊田市広幡町にある秀興山正林寺と、新城市の養蚕農家を訪れました。 養蚕農家での記念写真(新城市にて) 今年飼育のカイコはの品種は「春嶺鍾月」 飼育頭数は約2万頭だそうです。 1枚目の集合写真に写った飼育台には約5千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

45日目のカイコ

4月19日に孵化したカイコが 45日目に羽化して カイコガになりました。 大きい方がメスです 品種は春嶺鍾月です 昨日、今日と羽化が続いています。 繭の中で蛹になり 成虫のカイコガになって 繭を溶かして出てきます 出てきたらすぐにお相手を探して 交尾します そして産卵 一晩で5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆまつり2019⑩カイコを飼ってみよう!

5月18日、まゆまつり関連講座「カイコを飼ってみよう!」を開催しました 桑摘み体験の様子 はじめに、カイコについて、写真を見ながら説明をしました。 その後、注意事項を確認 えさとなる桑の葉 ①桑の葉は毎日かえよう。 ②桑の葉は濡れたまま与えない。 ③食べる分だけ与えよう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26日目のカイコ

上蔟まっさかり! どこの世界も 気の早い子はいるもので 21日目に2頭上蔟 22日目に9頭上蔟しました。 上蔟した日を付箋で貼っておきます。 ここからは一挙に加速! 23日目に57頭 24日目に49頭 と順調に上蔟しています。 上蔟して2日目のまゆ まだ中のカイコが見えます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名鉄豊田線 黒笹駅(TT04)~愛知池橋梁

<ミニ企画展「開業40周年 名鉄豊田線」準備編③> 7月からのミニ企画展「開業40周年 名鉄豊田線」は、 名鉄OBのNさんの提供してくださった写真の中から、 開業40周年を記念して、40枚をパネルにして展示する予定ですが、 豊田線に、ほとんど乗車したことがないので、足を運んでみました。 黒笹駅にて。到着した「上小田井」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20日目のカイコ

4月19日に孵化した 春嶺鍾月も20日目になりました。 どうやら4令と5令が同居しているようです。 飼育カゴ(蚕箔の代わりにカゴを使っています)を分けておきました。 大きな子は5令で約7.5cm 食欲モリモリ 朝から何度も給桑しています。 食べて 食べて まるまる太って来ました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆまつり2019⑧養蚕大祖神の掛軸の印

企画展「まゆまつり2019~とよたの養蚕と信仰」開催中の発見館から、今日は展示中の掛軸の印を紹介します。 ①「養蚕大祖神」掛軸の印(部分) 印の中心には「御璽(ぎょじ)」とあるようです。 「御璽」を辞書で引くと、「天皇の印章。天皇の行為であることの証明として、法律や政令などの公布文や認証文に押される。」とあります。神社でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開業40周年 名鉄豊田線の思い出を募集

<ミニ企画展「開業40周年 名鉄豊田線」準備編②> まゆまつり開催中の発見館ですが、7月13日から開催の企画展にむけて、 名鉄豊田線の思い出を募集しています 名鉄豊田線開業(米野木駅) 昭和54年7月29日(前田忠司さん撮影) 第1期豊田線の運転士だった前田さんからは、次のような思い出を教え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆまつり2019⑦金色姫の伝説

今日は「まゆまつり2019~とよたの養蚕と信仰」から、金色姫(こんじきひめ)の伝説に基づいた養蚕神の姿について紹介します。 正林寺「蚕霊尊」掛軸(部分) 戦前 犬塚謄写堂寄贈 生糸と卍の印を手にしています。海を渡る姿です。 「蚕影山大神」掛軸(部分) 大正~昭和初期 犬塚謄写堂寄贈 桑の枝を手にしています。漂着し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カイコの一生」の絵本を作りました!

発見館企画展「まゆまつり2019」が始まりました それに合わせて…? 「カイコの一生」の絵本を作りました というか…前からずっと気になっていたものがあって… これは、以前 絵がうまくてかわいいイラストを描いてくれていた 元スタッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆまつり2019⑥展示が始まりました。

企画展「まゆまつり2019~とよたの養蚕と信仰~」が始まりました 市内の養蚕関係者から寄贈された養蚕の神の掛軸、 (借用した掛軸も展示しています) それらが物語る農家の思いを辿る展示です。 保見地区にある正林寺(しょうりんじ)に関する資料と 蚕霊神社(こだまじんじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆまつり2019⑤正林寺「蚕霊尊天」資料

4月23日から開催の企画展「まゆまつり2019~とよたの養蚕と信仰~」では、 市域を超えて養蚕従事者の信仰を集めた正林寺(広幡町)と蚕霊神社(日面町)の資料を中心に展示します。 今週は展示替えの準備に追われていますが、少しだけ内容を紹介します 豊田市広幡町にある秀興山正林寺は曹洞宗の寺院です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カイコの季節が始まりました

まゆまつりにむけて カイコの飼育が始まりました。 本日カイコの卵が届きました。 袋を開けていくと 100粒の卵(蚕種) 室温が21度だったので あわててエアコンを入れました。 部屋も明るく 室温が23度に上がって 薄い灰色だった卵が 濃い灰色に変わっていって 30分後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電車の音はどうして「ガタンゴトン」というのかな?

<企画展「開業40周年 名鉄豊田線」準備編①> 名鉄三河線の若林駅~豊田市駅まで乗車する間に、電車の音が上挙母までは「ガタンゴトン」という音なのに、上挙母を過ぎて高架に差し掛かると「ヒュー」という音に変わるのはどうしてですか? 先日、名鉄OBの方が発見館へ来館され、名鉄豊田線に関するお話を聞かせてくださいました{%キラキラw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆまつり2019④蚕霊尊(四郷地蔵院)掛軸

企画展「まゆまつり2019~とよたの養蚕と信仰~」まで、あと2週間となりました パンフレットは1回目の校正を終えました。また、パネルは校正が済んだものから印字しております 今回の展示では、カイコの神様の掛軸をなるべく多く展示したいと思って動いていますが、「こんな掛け軸も出てきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆまつり2019③ポスター・チラシの完成

企画展「まゆまつり2019~とよたの養蚕と信仰~」のポスター・チラシが完成しました こちらはポスター こちらはチラシ 今回は使用したい画像をこちらで選び、 デザインは印刷屋さんが「大人も子供も引き付けられる」ものを作ってくださいました ありがとうございました{%キラキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演会「郷土の偉人神谷傳兵衛 傳兵衛さんをもっと知ってみよう」に参加しました。

3/17、西尾市一色地域交流センターへ 講演会「郷土の偉人神谷傳兵衛 傳兵衛さんをもっと知ってみよう」に参加しました。 一色町松木島出身の大実業家神谷傳兵衛の功績や生き方を識者による鼎談を通して学ぼう、というものです。 会場の500人は満席でした。内容も濃く、片道一時間半かかっても、行って良かったです。 最も驚いたのは坂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆまつり2019②平芝町にある「蚕畜塔」と「児玉神社」

企画展「まゆまつり2019~とよたの養蚕と信仰」の取材で訪れた平芝町で、「蚕畜塔」を見つけました。 昭和13年(1938)10月に「平芝実行組合」によって建立された蚕畜塔のようです。 蚕畜塔の右手に見える常夜灯は対になっていて、その間の道は山神・児玉神社・天王神社が合祀された場所(後述)へ向かう参道になっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆまつり2019①正林寺蚕霊尊天 資料

企画展「とよたの印刷屋さん」が終了したばかりの発見館ですが、 現在、印刷の展示資料返却などの仕事と合わせて、4月23日から始まる企画展「まゆまつり2019~とよたの養蚕と信仰」に向けた準備をしています 沢山の資料をみていく中で重要なものの1つが「分身照会往返写」(正林寺蔵)です。 明治20年代の古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とよたの印刷屋さん⑨とよたで最も歴史の古い印刷屋さんは?

企画展「とよたの印刷屋さん」も、2月24日(日)までとなりました。 さて、とよたで最も歴史の古い印刷屋さんはどこでしょう? ヒントは「挙母町広報」に始まり、こちらの資料1976年の「広報とよた」を手掛けていた印刷屋さんです。 こちらの活版印刷の道具もその印刷屋さんからの寄贈品です。 答えは、三河印刷株式会社で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more