まゆまつり2019⑪見学会「養蚕農家を訪ねて」

6月1日の日曜日、企画展見学会「養蚕農家を訪ねて」を開催しました
この日は、豊田市広幡町にある秀興山正林寺と、新城市の養蚕農家を訪れました。

養蚕農家での記念写真(新城市にて)
画像


今年飼育のカイコはの品種は「春嶺鍾月」
飼育頭数は約2万頭だそうです。
1枚目の集合写真に写った飼育台には約5千頭のカイコがのっています。
このような飼育台が今年は4台ありました。

このカイコ達が生まれたのは5月6日
見学会の下見に伺った5月15日には、こんなに小さかったカイコ(2センチほど)
画像


5月15日 2令(2眠)だったカイコは
画像

翌日には脱皮して3令になり、更に2回脱皮して、
6月1日の見学会では、大きさが「大人の薬指くらい」でした。
5令と3日目なのにかなりの大きさなので、あと4日もすれば8センチを優に超え、
その後、大きなまゆを作ることでしょう

今年の企画展「まゆまつり2019」のテーマは「とよたの養蚕と信仰」です。
豊田市域で養蚕関係者の信仰を集めた広幡町にある秀興山正林寺と日面町にある蚕霊神社を中心に、展示をしております。
見学会では、そのうちの1つ正林寺を訪ねました。
画像

この日は、明治期に「蚕霊尊天」を祀った経緯や、春の祭礼の様子を正林寺ご住職が語ってくださいました

参加された皆さんからは、
「養蚕の現場を訪れ貴重なお話が聞けた。楽しかった。」
「養蚕に誇りを持ち、大切に伝えて行こうとする姿が素敵でした。」
「正林寺での歴史的背景説明が印象に残った。」などの声をいただきました。

見学会を受け入れて下さった養蚕農家様、正林寺様、本当にありがとうございました

企画展関連行事としては、6月8日土曜日の10時からギャラリートーク「カイコのえさやりと糸引き」を開催します。発見館でカイコにえさ(クワ)をあげてみませんか?また、座繰り器を使って、まゆから糸を引くことができますよ。お待ちしております

by きょん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック