発見館日誌パート2

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと昔の暖房 置炬燵

<<   作成日時 : 2017/01/22 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これは昭和中期まで使われていた
置炬燵です。

画像



炭を熾して灰に埋めます。
(炭は本物ですが、熾している様子は
赤のセロファンで雰囲気を出しました)
画像



木製の櫓(やぐら)に入れて使いますので
櫓炬燵とも言いました。
画像


上から布団をかけて足や手を入れて暖をとります。



木製の櫓の修理の跡が
微笑ましいですね
よく使いこまれているのが
分かります。
画像


第二展示室 くらしの展示コーナーです。

画像


<シルク>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっと昔の暖房 置炬燵 発見館日誌パート2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる